俳優になりたい人のノート 71話

俳優になりたい人の日記

2018年7月3日。10時起床。そのまま二度寝。朝勉強ならず。
(※なんか売りにできる勉強をしようとしていた。この頃は英語)

13時に出発。ランチパックを食べて、ラムネとコーヒーを買って、カラ館へ。
(※ラムネは舌の上に置いて歌う練習用)

電車が止まってて振り替えたのに、うっかりそのまま出てしまって、慌てて駅の人に直してもらった。

それからなんも考えないで西口に向かってしまって、時間を色々ロスしたなあ。


固めの浅い音がいい感じに出た。

東京にもあったんだだとA♭でるけど、ミュージックオブザナイトだと出ない。
(※低音の音域狭い)

僕らの輝きだと軽くCまで出る。不思議。
(※無意識に発声方法を原曲のイメージによって変えてしまっていたんだと思う。今、武田梵声先生のボイトレを受けていて、太く深い声(アンザッツ3a)は話し声より低いところじゃないと出ない。逆に薄く固い裏声(アンザッツ1)はCとかDとかから上じゃないと出ない。声質を変えると音域も結構極端に変わるのだ)

個人レッスンは古澤さんがリハで10分遅れてきた。いきなり曲の練習でびっくり。
(※T1プロジェクト歌唱指導の古澤利人先生。ミュージカルプロジェクトの参加者は、格安で個人レッスンを受けられる)

奥歯がない影響で、こもったり活舌が悪かったりしたのかもしれないらしい。
(※インプラント手術で土台の金具だけ入っていた状態だと思う)

ンガの音で出すと出しやすい。これは上あごに響く出し方。

けど、これだと軽薄に聞こえるから、コの音でほっぺたに響かせるほうが望ましい。

あと、歯がない分じぶんの声が響いて聞こえないらしい。だから、思ってるより響いてると思っていい。

無理して大声出さなくていい。

紙を一枚口にあてて、それが振動する感じを感じて歌えばいい。

録音の最後の方は、古澤さんにだいぶ近い声が出ていたように思う。

改めて岡さんのブイ・ドイを聞いたら圧倒された。聞けてないんだなあ。
(※岡幸二郎さんのアルバムにブイ・ドイが収録されている)

腹をばしばし出してはひっこめる発声をした。

つづけて、ひっこめたらひっこめっぱなしで歌った。

これはブリージングエクササイズでやりなれてるやつだ。
(※吹奏楽部時代に毎日やってた呼吸のトレーニング)

帰り道に、出して引っ込めだして引っ込めしたらだいぶ腹にきたけど。

あと、「罪の証拠だ」の部分が音程不安。要チェック。



会社行っても仕事はあんまりなかった。。

うとうとして一こ間違ってしまった。いかんなあ。

別プロジェクト案件、どばっとこないか戦々恐々としている。ぐえええええ。
(※年間数百件あるよ、というプロジェクトが、7月時点で十数件しか来てなかった。案の定11月くらいにパンクした)


プロ野球ニュースと柔軟は、膝を曲げてやるようにしたらまたぐっと働きかけられるようになった気がするよ。
(※プロ野球ニュースを見ながら柔軟するのが日課。膝を曲げないと、関節が伸びてる感じ。曲げてやると、筋肉が伸びてる感じがする)

いまから風呂。あがったら2時か。久々に音読して寝ようと思う。

明日はジムと歌練習。

イチョウ並木にいまからでもスイッチするべきか…。午前中に英語やろうと思う。
(※ミュージカル公演に向けて、T1プロジェクト内でのオーディションが迫っていた。音域も安心で歌いなれている曲に変えようか迷っていた)

タイトルとURLをコピーしました