俳優になりたい人のノート 85話

俳優になりたい人の日記

2018年7月21日。ダンスに行った。

やっぱりコンフィデンスマンのダンスは早くてつらい。

Aちゃんの肩回しは堂に入ってるなあ。
(ダンス経験者の美少女。役者やめてしまった)

右足の小指が痛いのが未解決で、やはり右足軸が立ちにくい。
(※原因は不明だが、ある日足の指をグーパーするときに一番付け根の関節しか曲がってないことに気づいた。
 丁寧にグーパーして全部の関節がちゃんと曲がる練習したら痛いのも治った)

外側に流れる傾向もあった。ダンスシューズ初導入だったからもあるのかなあ。

かかとがあると、高いポジションに入りやすい気はした。

しかし先生を通せば2000円引きだったらしい。時間がなかったとはいえ損した。


別プロジェクト仕事のヘルプは結局Bさんにお願いした。

漫画喫茶で風呂に入って、うっかりゴルゴを一冊読んで、時間なくなりつつレクチャー。
(※この頃からリモートワーク。というか、前職の頃から東京、京都、福岡でリモート会議とか当たりまえだった)

飲み込みは早いが、まだ納品されてないのがちと不安。

72時間ルールはクリアできたらしいが。経営者って大変だな。
(※自分の責任で受けた仕事を、自分じゃない誰かにやってもらって、品質と納期を保証するってのは勇気がいる)

そしてSS初稽古。途中で石のキャッチボールで血が出るアクシデントもあった。
(※石ころでキャッチボールするシーンがあった)

私の出番は…。ぼろぼろ。。。

あとで、「セリフちゃんと入れて来てください」と言われてしまったが、今の時点でまだ全然読めてない。

ごめんなさい。

結構役のイメージを明確に持ってるみたいで、

「いろいろ忘れてるけど、娘のことだけは覚えているボロボロのお父さん」ではなく

「一瞬でいろいろ思いだした明るくて頼れるお父さん」らしい。

そうすると、高校生に説教しちゃうノリがわからない。悩んでしまっている。飲み会でうっかり終電を逃す。

そしたらなんと中村さんが2000円くれた..家近い人と二人でタクシー帰宅でちょうど二千円。
(脚本演出の中村允俊さん)

なんということだ。。。がんばらねば。


プロ野球ニュースみながらうとうとして、死ぬ気でいっこ別プロジェクトのの72時間ルールをクリアして、ねる。

タイトルとURLをコピーしました