俳優になりたい人のノート 89話

俳優になりたい人の日記

2018年8月1日。11時ころ起床。

アマゾンで14時くらいまで仕事ラッシュのご褒美を物色してしまう。
(※仕事はデスクワークだけど業務委託なので、仕事量と収入が比例する)

この案件は自分でやるのがまた少し早くなった。45~50分でいける。

外注してチェックする場合は15から20分だから、ぶっちゃけ自分でやるのとかわらないけど、気持ち的に楽かな。

数を捌かないといけないのはあるから、チェックでやらないとな。


おねいちゃんにチラシを見せた。
(※2018年9月の初舞台のチラシ。姉には演劇を始めたことを言っていなかった)

「あんた何になりたいの?」って言われて、すごいドキドキしながら「ミュージカルスターだ」って言ってしまった。

「おおーいいじゃん!四季うけなよ!」って言ってくれた。


私は、そりゃ四季行けたらそれはそれで嬉しいけど、なんというか。

今は色々自由に出るものうけたいんだけど、おねいちゃんはやっぱり元プロだから、安定して会社員的にやれるのが一番なんだな。
(※姉は元バレエダンサー。劇団四季に所属すると生活の安定度がフリーとは大違いらしい。)

肯定してもらえたのはうれしかった。


休憩しながらだらだらこなして、8件とチェック2つかな?やはり8時間くらいかかった。

歌の練習は時間なくてむり。けど、途中なんとなくフワフワうたって、裏声で高いパートの課題曲もありかなと思った。

全然練習できてない。けど、金のためならしゃーない。レントも買っちゃったし。


チラシできたから、HPもFBも稼働しないと。
(※集客力つけるならフェイスブックだよ!と勤め先の社長に言われていた)

ぴよ吉(甥)とUNOをやった。気分転換にいいね。

働くお父さんが子供と遊んであげるのは、こういう気分でやるんだなと分かった。
(※初舞台がお父さん役なので、フルタイム残業付きで子供と遊ぶ気分を疑似体験できてよかった)

タイトルとURLをコピーしました