それなんチラシ

【告知】2016年1月24日 ワークショップやります

概要はこちらのPDF、および美学校サイトをどうぞ。

それはなぜですか?1217

初の自主企画がアートじゃないという。(笑)

 

さて、2015年もそろそろ終わります。

振り返ってみて、今年の出来事なにがあったかなーと思うと、

私はどうしても安倍総理による安保法制とその反対運動を思い出してしまうのです。

 

そこで、思いました。

廃案を訴えるデモ隊も、法整備の必要性を訴える政権も、

お互いの意見は耳に入っていないんじゃないか?と。

やれ強行採決だ審議拒否だと言われる現状の背景にあるのは、

「誰も対話のしかたを知らない」というシンプルな事実なのでないか?と。

 

前職では、ビジネスの方向性や進め方についての議論を、

ファシリテーター(司会みたいなもん)としてサポートする仕事をしてました。

性善説と「解決できない問題はない」という信念に基づき、

ひとつひとつ論理的に対話を進めていく、

TOCと呼ばれるイスラエル生まれの手法をつかいます。

その手法を、ビジネスや行政の場ではなく、

市民の対話の場でも使えないだろうか?というのが今回の企画です。

 

政治と野球と宗教の話はしちゃいかん、なんて言われますが、

民主主義の市民社会ではそうも言ってはいられません。

果たして、政治的立場の違いは乗り越えられるのか?

みなさまのご来場をお待ちしております。

それはなぜですか?1217

 

 

思えばイルカ漁の本を翻訳してた頃から、

対話とか相互理解ってのは自分の重要なテーマだったんだな。

それがどう間違って一日中あーしか言わない人になったのかは謎ですが、

感情や直感でジャンプするためには言葉の階段を登れるところまで登った方が良く飛べると思います。

 

フライヤーが完全にパクりなのは見逃してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です