2018年4月19日 俳優になりたい人のノート

俳優になりたい人の日記

昨日は寝るのが遅めだった。

スターを一曲聞き終わったくらいで布団からはいでる。
(※目覚ましアラームの曲にレミゼの「stars」を設定していた)

8:40くらいにおきると、朝ご飯をゆっくり食べられる。

コッペパンとチョコクロワッサン。とコーヒー。

ダラダラして、結局10:19の電車になる。
(※T1projectの俳優養成コース、『24ヵ月プロジェクト』で、「よい役者は細かく色々なことを見て覚えている」「それを鍛えるには細かく日記をつけるといい」と言われていた。なので細々と書いている」

眉毛を少し整えたら、やはりそれだけで顔つきは変わると思った。

ミスサイゴンを聞いていたけど、途中からmatador!へ。

しかし、余裕が出ると少なめの報酬も簡単に提示できる。これが人生の全てだ。
(※外注先との価格交渉で疲弊していたものと思われる)

貧すれば鈍する。欲しい方が負ける。

午前中は発注先の税金のことなんかをダラダラ調べてしまった。

あと、Dさんから消えた記事について言われる。

消した覚えはないが…朝の作業はアブナイと思った。コンディション大事。

なんとか考えないと。

ごまかすこともできたけど、できるだけ誠実な対応をしようと思う。

厚生労働省のサイトは全然整理されてなくてすごくめんどくさい。

帰ってからちょっとやりゃいいやと思ったけど、やんないなこれ。

仕事もだんだん流れになってきた。
(※新しい職場で3ヵ月、慣れが出てきた)

Dさんはうるさいけど仕事は丁寧。Eさんは素直。Fさんは古いルールでやってるっぽい。
(※私は「人を評する」「相手によって対応を変える」ことは失礼なことだと思っていて、特に仕事の上では誰もが顔のないただの歯車としてお互い接するのが平等で公平だと思っていた。が、役者修行の一環として「人を見る」ことを意識した結果、個別対応の方が機能することもあると知った。結果、責任感の強い人ばっかり負担が増える、みたいな不平等にはなるけれども)

税金と収入のあれこれを計算したら、どうやら来年の税金健保年金は滞納分も含めたら100万近くなる。

ということは、結局貯金は百万だ。家賃は経費になるけど、リスクだよな。迷う。

9月までの5ヶ月頑張れば自由だと思えばやれるか?わからん。
(※大きな案件を打診されて、その間の役者修行が疎かになる事を危惧していた。一方で自転車操業状態の借金も数十万あったので、そこから自由になれることは魅力であった)

いま頑張れてないんだから、厳しいかもしれない。

けど、こんなにおいしい仕事はないと頭ではよくわかってる。

昼休みには歌レッスンのノートを書いた。
(※T1projectのミュージカルプロジェクトでは、歌レッスンの感想を参加者で共有する)

他の人については饒舌になる。

自分がやるときは自分のことしか見えない。

ほんとは自分の時こそ饒舌であらねば。
(※「他の人のレッスンを見学してこんな学びがありました」は書けるけれど、自分のレッスンの時には歌うことに必死になってしまって、何のために何を言われているのかを見失いがちである)

2時過ぎにハシュポテトをたべて、その後はチョコレートでしのぐ。それでも眠くはなる。
(※日中は眠くなるので、仕事中は常に空腹状態にしていた)

そういえば社長は、きのう私がバランスボールで仕事していたのに気づかなかったようだ。
(※眠気対策に、オフィスに転がっていたバランスボールを椅子代わりにしていた)

自分が感じているほど、見られてはいないのかもしれない。

午後は立ってやった後、バランスボールでやった。
(※眠気対策に立って仕事をすることも試みた。立ち仕事用の机もある変な職場である)

時間帯もあるかもしれないが、今日はバランスボールがすごくリラックスしてできた気がする。

新しい案件の最終調整をした。質問シートは例文を工夫する形で対応できるのか?

あ、マニュアルつくるっていってやってない。やばい。

納期は3営業日でチェックを済ませると考えると、

T1の日をばらけさせてチェックできない日は減らした方がいいのかもしれない。
(※仕事のスケジュールを組むのに、ミュージカルプロジェクトの稽古日をどうするのが双方に悪影響がないのかを考えていた)

が、日曜日ならいいのか。

むしろ日曜日に作業できない日があった方がいいのか?

水曜日の今度の歯医者は延期しよう。

立って仕事してたら、何人か話しかけてくれて嬉しい。

変なところはどんどん出していこう。それが自分だ。しょうがない。
(※ホテルマン時代が転職だった、と思えるほどに、自分は人あたり良くふるまうことができる。が、一方でそれは「アーの人」とかやっちゃうほどにズレている自分を隠す仮面でもある)

仕事の後は立ち飲みへ。あんまり人がいない。
(※役者のとして「開く」訓練のため、仕事の後に立ち飲みに通っていた)

野球を見てたら、キャッチっぽい青年が話しかけてきた。

友達がいるって言ってたけど、本当かどうかは怪しい。営業職って言ってた。

顧客候補とみられているのか、コミュ力を発揮してるだけなのか。

ブルーを基調とした可もなく不可もないコーディネート。

時計をしてなさそうなのが気になった。

笑顔に屈託というか、まっすぐ育っていない感じが見えた。

苦労してそうだ。

若いと思って声掛けてきて、年上だったからびっくりしたのかな?

高卒、メーカー営業。

なんだろう、「だっ!」というかんじ。

肩から下は地面にだっとつけて、首だけ上を向いている感じ。
(※2020年現在、自分でもよく意味が分からない)

私の声が聞き取りにくそうだった。うーむ。
(※声が篭りがちなのは演技クラスでもいつも注意される)

帰宅の電車で歌の感想を書き上げる。

MP新人男子のあのグッとした感じはG君に似てる。グッとした感じ。
(※俳優の古川雅達くんのことだと思う。G君は大学の後輩。MPはミュージカルプロジェクトの略)

ゴハンは焼いた芋と肉。

野球ニュースをみて、風呂に入る。

パソコンを出しただけ、いつもよりは進歩してる。

仕事しようと思ったが、しない。日記を書いて寝る。

左足が右足の後ろにかかっている。明日は逆にしてみよう。意識して。
(※自分の身体がどういう状態か、というのを意識できることも、役者として重要なスキルだと教わったが、なかなか難しい)

タイトルとURLをコピーしました