2018年5月15日 俳優になりたい人のノート

俳優になりたい人の日記

9:00ちょっと前に起床。ちゃんと出勤できた。

特に追加の案件の話もなかったので、ひたすらだらだら通常作業。

オープンクラスまでと思っててもだるいはだるい。
(※この日はT1projectの演技オープンクラスに行く予定だった)

16時ころにチョコレートを買いに降りる。この作業は必須みたいだ。
(※集中力が限界になる)

17時にAさんから事業計画つくりの打ち合わせというかレクチャーを受ける。

ギリギリで焦ったけど、面白そうだからよかった。

ライティングの条件が良すぎるんだよな。

事業計画で妥当なライン。

仕事ダラダラモードがヤバすぎる。

どうにかするためには、間に合わなくなる前に、ファンを獲得すること。
(※私は突然仕事を辞めるクセがあるので、働けているうちに次のことを考えておかないと死ぬ)

そのためには、ブログとTwitter。

社長からも、通常の仕事がおろそかにならないように追加案件振るよう釘を刺されているらしい。


18時に会社を出て急いでスタジオへ。

イスの運ぶ係があるから靴は黒にした。

B君、空知さんと24ヶ月の懐かしい面々がちらほらと、知らない人がたくさん来ていた。
(※俳優養成24ヵ月プロジェクト。空知さんは役者の空知遊楽さん)

どうやら公演の効果のようだ。

課題はオーディションで片っ方勝手片っぽ落ちるって設定。

とにかくいい人とか、明るいけど人の気持ちが分からないとか、

いろいろ考えてみたけど結局は悔しいのに虚勢を張る人になった。

呼吸から入るのにトライしてみたら、悪くないって言われたからまあこれは一個正解。
(※歌クラスで「感情は呼吸が司る」ってのをやっていた)

感情は出せてた。(自分の殻を)壊そうという努力は見える、という感想をもらえた。

サラリーマン辞め組には厳しくするらしい。で、シーチキン田中さんとかもそうらしい。
(※田中克宏さん。演技すごい)

これはひとつ、望みができた。

じゃあ、一本感情が出せたその先を考えないといけない。

どんな人物か、というところまで作らないといけない。

そうすればもっと自由にできる。

自分が持ってるモノを探して、引きずり出す。

「こまったらとにかくガンってやってみる」by藤岡さん
(※T1project所属の藤岡まゆみさん。演技すごい)

Cちゃんが言われてたこと。

滑舌は普段の話し方から。

普段の生活で、常に相手にちゃんと言葉を伝えようとして話す。

一日で話し疲れるくらい、言葉を丁寧に話す。

お客さんは、誰かに伝えようとしている言葉しか聞いてくれない。


Dくんの演技、呼吸はやっぱり大袈裟になるとわざとらしい。

その加減は知っておかないといけない。

やっぱりそこは、歌と同じように、「自然な呼吸」なんだとおもう。

呼吸音を聞かせてはいけない。

友澤さんの質問は、相手のレベルを図るもの。

Dくんがスタジオでたところで、「こういうことに悩んでいて、こういうふうにしたかった」「けど、やっぱりどこかで自分は出来るって思ってたのかな」と言っていた。

のを聞いて、友澤さんは「言い訳してるうちはダメ」って言ってた。言い訳なのか…?

星さんっていうファンゴのひとがきて、飲み会まできてた。
(※星水貴さん)

積極的に話しかけてくる人だった。占いがどうこうとか、サイコパスの顔の話をした。

サイコパスのことは本気で嫌ってそうだから口にしなかったけど、サイコパス役出来るようになりたい。

Eさんは酒好きみたい。



帰宅後は卵かけご飯を食べて死んだ。
(※寝落ちしたんだと思う)

事業計画とライティング案件が同時に来ててツライ。朝になって、日記を書いている。

タイトルとURLをコピーしました