2018年5月16日 俳優になりたい人のノート

俳優になりたい人の日記

14時起床。寝すぎた。

今日は歌トレ、ジム、仕事をしないといけないので、15時に歌トレへ向かう。
(※個人練習は近所のカラオケでやっている)

行きながら前回録音してみたミスチルと先週の歌レッスンを聞く。

ポロっと歌う。滑舌。そして、どこかで「頭が動いてなくて体が熱い」を作る。
(※歌クラスでは課題曲として「カフェソング」に取組んでいた。ああいう絶望的な状況にある人間は、身体と脳の動きにズレが生じているはずで、そのズレを再現できればリアリティが生まれる、という指導を受けた)

その流れでカフェソングをまず練習。

直前まで覚えてたのに、楽譜を持ってくるのを忘れる。
(※私はサラリーマン時代には薬を飲んでいたほどのドジっ子である)

ケータイで歌詞を探して、エバーノートでメモしながら歌う。

ポロっと、を再現するのは大変。
(※絶望で心が死んでいる状態から、ぽろっと感情が動き出したら止まらない、という歌にしようと取組んでいた)

「心が痛い」を作ってから「息を止めて」「肩を緊張させて」始めると、泣きやすくなることが判明。
(※T1projectミュージカルコースの古澤利人先生は、こういう体の状態からつくって感情や歌声にするというアプローチをとることが多かった)

これを「気持ちをつくってる」とみられる可能性もあるけど、
(※T1projectの演技クラスでは「自分の感情に”触る”とリアリティは失われる。そこに生きれば、感情はついてくる」と指導されていた)

オープンクラスで指摘されなかったから大丈夫かな?

オープンクラスでは流れで気持ちが作れた感じする。

上達してる。

最後に体が熱くなって、癒しに向かう、って作り方をしたけど、

もしかしたら狂ってる人だから「思い出して思考が固まって体ばっかり熱い」の方がいいのかな?
(※結局どっちだったのかは忘れた。そのうち日記にでてくるかもしれない)

裏声中心に歌ったら、やっぱり腹筋の疲労は早い。

で、その状態での夏色はすごくハマった気がする。


ジムではフウガドールすみだのユニフォームきてたら大人計画に似てるお兄さんに話しかけられた。
(※フウガドールすみださんにはアーの人のイベントでお世話になった。フットサル面白い)

聞き取れなくて感じ悪い対応になってしまった。反省。オープンにならねば。

18時のジムはすごく空いててよかった。

脚には確実に利いてる気がする。胸、肩、腹筋だよな。効いてるのかな。

家でダンベルもやってみようと思う。

派手な柔軟おばさんにガン見された。

ランニングは5分くらいでやめてしまった。
(※有酸素運動は「飽きる」のが最大の問題だったので、タブレットで映画見るようにしたら続くようになった)

飲み物500じゃ足りないなあ。黒シャツのガチトレのひとがいた。

8:00帰宅。8:30ごはんで、それまでになんとかパソコンを元の位置に戻す。
(※PCを持ち出すと、元の位置に戻すのが面倒くさくて、家での作業に取り掛かれないことが多々ある)

ゴハンをたべながらウズベキスタンの番組をみて、そのままうっかり10時まで見て、

さらに30分コーヒー飲みながらだらけてしまった。

年金の電話来たし、ほんとにちゃんと仕事しないといけないんだけどな…。

23時からは野球ニュース見ながら柔軟。だいぶ成果は見えてきたと思う。
(※プロ野球ニュースをみながら柔軟体操をするのが日課である)

次は横開脚だよな。どうやって練習しようかな。

1:30までかけてライティング仕事完成。

明日は出社ですが、一日いるのはやっぱり気が進まない…。

明後日は歌でうれしい。
(※T1projectのミュージカルプロジェクトでは、週1で歌のグループレッスンがある)

マーケティングをやらないといけないんだよ。あと英語。
(※目下、「200枚売れる役者になる」のが目標なので、そのマーケティング)

歌練習をなんとか家で出来たらいいなあ。節約にもなるし。
(※2020年現在、まだカラオケで練習している。時間が限られているほうが集中できる)

タイトルとURLをコピーしました