俳優になりたい人のノート 35話

俳優になりたい人の日記

2018年5月23日12時起床。やはりやる気が限りなくゼロに近い。

ジムと歌錬と思うが腰があがらない。

13時ころまで昼をどうするか考えながらだらだらしてたのもダメージでかい。

そして、マンガ喫茶の誘惑。結局、14:30くらいにマン喫に行く決意をして家をでる。

駅で40000円キャッシングすると、残高が6万円しかないことが判明。

Aのも合わせて、34万円も借金してるってこと?税金の払い戻しもあったのに?
(※Aは大学時代の友達。同級生にお金を借りやすいというのは、いい大学を出る利点である)

青くなりながら、来た電車が地下鉄直通だったらマン喫は辞めようと決意。

はたして…地下鉄直通!

ガッカリしながら乗って、乗換駅ですぐ電車来てたらセーフにするか、

とか考えるも結局5分以上電車来ないみたいだからカラ館へ。

カフェソングを少し歌って、あとは腹筋にくる曲をひたすら。今日はいい運動になった気がする。

1.5hだと足りないってことか。夏色はもうそうとうばてててもいける。

talkin to the moonまであと少し。sometimes I cryはまだきついね。

コブクロで、腹に響かせる歌い方を練習。

君は薔薇より美しいもそうだけど、友澤さん好みの発声はtwang一辺倒じゃだめだ。
(※T1project主催の友澤晃一さん)

腹から。負荷かけて燃費悪い歌い方は正解だって歌レッスンでも言ってたみたいだし。
(※T1projectでの歌グループレッスンは、感想をラインで共有する。別の曜日のレッスンで、古澤利人先生がそう言ってたと誰かが書いていた)

このあたりで少し調子が出てくる。帰って軽食とってジム行こうと思う。

が、かえってうどん食べたら寝ちゃった。

カロリー使ってたってことなのか、それとも小麦が悪いのか。
(※小麦の製品食べると体が冷えて眠くなるから、小麦は体質に合わないのかなー、などと思いつつ、私の好物はラーメンにハンバーガーにピザにうどんにスパゲッティである)

なかなか思うようにはいかない。

ダンスと演技と二日連続で突発性頻脈起こったし、体調悪いのかもな。

20時ころ起きて、スケジュール整理をした。

週3ジム、週2歌トレをしても1日フリーの日が出来る。

しばらくはこれで行ってみよう。

気づいたら、二か月近く手帳をつけていなかった。

五月の不調はこのせいかも。

あと、お金のじり貧がヤバい。予定より5万多く使ってる。
(※2020年現在あらためて日記を読むと、港区おじさんと遊んだりマン喫通ったり浪費してるなと思うが、当時は気づかなかった)

歌練習の費用を多めに見積もって、食費も確認。

交際費を10000にしてもトントンなんだよなあ。収入を増やさないと。

ライティング案件たのむよー!あと、秋までに別の収入源!
(※バイト先では通常業務の他に、単発のライティング案件をもらえてこれが助かる)

お客さんつくって、モノマネか、英語か。

どっちにするにせよ、まずはお客さんの獲得だ。
(※友澤さんにも「毎回200人よべれば役者で食っていける」と言われるし、社長にも「それなら営業に注力するのが最適解じゃん」と言われるのだが、つい歌や演技の練習をしてしまう)

本に書いてあった通り、Jマッチの時間とジムの時間は囲んでみた。
(※なんか「時間を無駄にしない本」みたいな啓発本を読んだんだと思う。まったく覚えていない)


順調に時間は経過して、野球見ながら柔軟してちょっと腹に入れて日記書いて寝る。

明日は競馬イベントだ。
(※T1project恒例の競馬観戦が年に一回ある)

第三レースくらいから行って、1万円遣って帰ろう。
(※改めて読んだらこの1万は借りた金じゃないか)

龍洋一スタイルにするために、いまから眉毛だけちょっと整えます。
(※競馬場にいくなら競馬ファンのコスプレをしないとなあ、と思って『嫌われ松子の一生』に出てきたヤクザの格好をしようとしていた。競馬ファンのイメージが雑すぎる一方で、借りた金で馬券買うあたり心のコスチュームはしっかりギャンブラーだったみたいだ)

もういっこ、週一で入れる仕事ないかなあ。

時間の本に書いてあった1440分を、鏡に貼って起きたところのタンスに貼ってみた。
(※これもなんか啓発本を読んだっぽい。一日を24時間ではなく1440分で捉えると時間を無駄にしない、という考え方である)

最近そういえばモチベーションのおまじないをしていない。やろう。
(※目標を念じながら瞑想する、みたいなやつだったと思う)

タイトルとURLをコピーしました