俳優になりたい人のノート 38話

俳優になりたい人の日記

日記を書くためだけに生きている感じすらする。

8:40に起床。起きたら歌う、そのままダンベル、は上手くできた。
(※朝の時間を上手く使う、というか、朝起きてすぐ活動的になれたらいいなと色々試みてはいるものの、なかなか上手くはいっていない)

朝食を買う余裕を持って出発。
(※この日はT1プロジェクトミュージカルコースの週一ダンスレッスンだった)

足裏全体をつかって飛ぶのは上手くなった気がする。余裕もある。

引き上げつづけることと、あとフリが連続するときに如何に丁寧に出来るかが課題。

そのためには、普段から引上げ意識していよう。フリは覚える、だな。

修了時には体力の限界。

一回、頻脈来そうになったけど、あらかじめ息止めをしたら発作までは至らなかった。
(※年に2回くらい、突発性頻脈らしきものが起こる)

息止めの効果かどうかはわからないけど、ひとついい経験。
(※起こった後の対処は色々経験したが、事前に防げたのはとてもよい)


帰宅後、風呂入ろうと思うが動けない。
(※謎の電池切れは良く起こる。『臨死!江古田ちゃん』に似たようなエピソードがあって、ああ自分だけじゃなかったと安心した)

一時間後にようやく動けた。気付いたら9時。

バーミヤンでゴハンたべて、帰宅して歌レッスンの振り返りをして(1時間かかっちゃった)、

プロ野球ニュースを見て、そのまま体力の限界。倒れるように寝る。

翌朝は5時ころ目が覚めて歯磨きなど。

これは、あれか。久しぶりに運動して脳内麻薬が出てる時の寝れない感じ。

脳内麻薬の出が変になってるのかもしれない。体力的には本当につらい。

午前中のダンス一回で一日ふいになるなんて…。

ダンス行く途中に人間ドラマのネタを拾えた。ラッキー。
(※T1projectの演技クラスでは、人間をよく理解するために日常に潜む人間ドラマを観察し、発表するという時間をたまに設ける)

ダンスと演技クラスを分けたら移動時間が増えた。その時間も有効に使うつもりでいよう。
(※ダンスと演技クラスを同じ曜日にしていたが、体力が持たなかったんだとおもう)
(※2020年現在、ダンスと演技と脚本クラスを同じ日にしても十分体力は持つ。35歳からでも、体力作りは可能なようだ)

タイトルとURLをコピーしました