俳優になりたい人のノート 44話

俳優になりたい人の日記

2018年5月21日。 昨日、お呼び出しがあったので8:40起床で11時前に出社。
(※在宅ワークで食い扶持を稼いでいる。お呼び出しがあると緊張する)

歌は歌わなかったけどダンベルはできた。
(※朝の時間をダラダラしないために、起きたらすぐダンベルと歌唱をするようにしている)

キンドル復活はいいね。通勤時間がぐっと有意義になりました。
(※Amazon kindleで本を読む習慣が、iphoneでツイッターを眺める習慣に置き換えられてしまっていた)

ベトナム戦争の話と見せかけて、架空の国の話だった。
(※ミスサイゴンの曲をよく理解するために、開高健のベトナム戦争全集を読んでいた。もちろん、実名でベトナムが登場する小説・エッセイも収録されていた)

けど、心が動くのを感じる。小説はいいね。
(※「役者・表現者にとって一番の修練は、どれだけ日々心を動かして生きていけるか」とは、T1プロジェクト代表の友澤晃一さんの言葉である)


到着した時はまだ元気。頑張って作業をする。

12時になったらAさんが呼びに来て、Bさんたちとゴハンに行く。
(※Bさんは弊社の就職候補者の方)

やっぱりこの職場はホワイト企業だよなあ。

Bさんは何を迷っているのだろうか。社会保険か?

Cさんは武蔵野音大のピアノ科らしい。すごい。ごいすー。

Aさんはやっぱりしっかり見てたんだな。

どんなもんか。

けど、あとは阿野くんが一押しして!って言ってたから、まあ合格なんでしょう。

わたしはあほっぷりを露呈してますよ。うほうほ。

一応メールしてみたら、元気な返事が返ってきた。


午後は炭水化物をたっぷりとったこともあって全然仕事にならん。

いま数えたら、五分で出来る仕事を20分でやってる。

眠いはダメだよなー。どうにもならんよなー。

Dさんは相変わらずスッとしてる。

帰りに話した彼は名前忘れちゃった。

結局、軽くヒアリングシートの話はするものの、ミーティングは後日に延期。

真面目に対応しようと思ったら、自分で書いてみないと分からないしね。

そこはさぼらないことにした。

Eさんはきっと、社長にはっぱかけられていた。
(※Eさんは私が参加していたプロジェクトの責任者)


結局20時ころに退散。キンドルを読みながら帰宅。

帰りの歩きはブリージングエクササイズを実践。
(※吹奏楽部時代の呼吸器を鍛えるエクササイズ)

風呂で歌ったら腹を意識できたのは、このおかげか筋トレのおかげか。

ドライカレーと卵とソーセージを食べた。

食べたら作業するつもりだったけど、結局ゴロゴロしてしまった。

あかんな。余裕ができたら、スタバで作業して帰るようにしよう。
(※サラリーマン時代は23時までやってるスタバでずっと作業してた)

プロ野球ニュースを見ながら柔軟してたら、伸ばした方のケツがつくようになってきた。
(※プロ野球ニュースを見ながら柔軟するのが日課である。毎日やると、さすがに成果が出てきた)

歯磨きしながら四股のポーズで柔軟。毎日やってると進歩はある。

明日は歌レッスンだけど、たぶん始まって以来の練習量の少なさだぞ。

とはいえ。7月のオーディションに向けて、個人レッスンと持ち歌の相談をしよう。
(※2019年3月のミュージカルに向けて、T1プロジェクト内でのオーディションがあった)

ミュージカルナンバーで音域見せられるブイドイか、

語り口調をみせられる風に立つライオンか。

大穴で君は薔薇より美しいか。


明日は9時に起きて、10時に出発。

マックのハッピーセットを食べて、一時間アップして、17時に終わって、仕事はない。

帰宅してご飯食べてジム行って、作業を終わらす、って感じかな?








タイトルとURLをコピーしました