2015kyoto3

『A』17時間ver. @パレ・ド・キョート

2015年11月23日に

イベント ”パレ・ド・キョート”に『A』で参加させてもらいました。

本番3日くらいに了承してもらったという、ほぼ飛び入り参加。

オーガナイザーの高木薫ちゃん、キュレーターのろばとくん、スタッフのみなさんありがとう。

 

2015kyoto

 

パレ・ド・キョートは0時スタート17時終わりのオールナイトイベントでした。

『A』は、「社会の恣意的な規範に合わせる/ずれる個人」をテーマにしたパフォーマンスで、

デパートでやったときには「法定労働時間の8時間+休憩1時間」という形でやりました。

ですが、今回はオールナイトイベントという形態に合わせて、

「一日のうち、人が眠っていない17時間」でやることにしました。

8時間の時は、食事や休憩もかなり厳密に時間を決めてやったのですが、

今回はそういう明確なOFFの時間はつくらず、

「とにかく出来る限りやりつづける」という、

より自分の身体や精神状態、周囲の状況に左右される形でやりました。

2015kyoto2

こんな感じで、移動しながらもiPhoneのチューナーアプリを使って440ヘルツの声(Aの音)を出してました。

朝の8時から10時くらいは、がっくんがっくん寝ながらやってたと思います。

話しかけてもらった時も、状況によっては中断して普通に会話してました。

いつものようにステートメントを配りながら「あーーーーー」と言っていたところ、

ある女性に「規範なんかに従わなくたっていいじゃない」と言われました。

別の女性には「わたしチューニング下手やからつらいねんな」と言われました。

ある男性からは「あなたは440を選んだんだね」と言われました。

そのほかにも、一緒に声を出してくれた方や、

音にまつわる興味深い話を教えてくれた人、

僕に代わって何をしているのかを説明してくれる人など、

たくさんの人と出会うことができました。

「17時間やる精神力がすごい」

というコメントを終わったあと多くいただき、

それはたいへんうれしいことなんですが、

僕ひとりでやっていたらたぶん3時間も持ちません。

視線をくれる、立ち止まってくれる、ステートメントを読んでくれる、

話しかけてくれる、そういうお客さんとのコミュニケーションがあるから、

17時間という挑戦も全うできたんだと思ってます。

そういう意味でも、

このパレ・ド・キョートという場ででしかできなかった作品だと思います。

 

ほんとうにありがとうございました。

 

最後に感謝を込めて紹介したいのですが、

『A』をやるときには毎回のどあめを舐めながらやってるんですけど、

今回使った「明治 温かしょうがのど飴」は最高でした。

当日も翌日もまったく喉が痛くならない。

VC3000、黒糖のどあめと使ってきましたが、

いまんとこコレが最強です。

 

(写真:百頭たけし)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です