s-IMG_0706

作品『Think and Grow Rich』

 

 

別府でライスボール山本さんからもらったぬいぐるみの中に、プーさんがいました。

 

「なにかをする」ことに疲れたとき、

我々は絵本を開いて100エーカーの森に帰り、

つかの間の「なにもしないをする」ことを楽しみます。

ならばきっと、プーさんもきっと気まぐれに、

本を開いて「なにかを成す」世界をのぞいているのではないか、

と考え、この作品を作りました。

 

プーさんが読んでいるのは、世界で7000万部を売り上げた、

成功哲学の祖 Think and Grow Rich (『思考は現実化する』)です。

20世紀を通して今もなお、「なにかをする」人々の道しるべとなっている大著。

これは奇しくも、クリストファー・ロビンがプーさんに別れを告げた、

The House at Pooh Corner (『プー通りにたった家』)と同じ1928年に発売されました。

s-IMG_0707

我々の日常は、プーさんたちの目からは荒唐無稽に見えるかもしれません。

我々がプーさんの世界を愛するように、彼らもまた我々の世界を愛してくれるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です